メンズのシルバーアクセサリーコーデは強引さも必要

メンズファッションにおいてシルバーアクセサリーを取り入れたコーディネートは難易度が高いのは否めません。

このページでいうシルバーアクセサリーとは以下の画像のようなものです。

アンプシルバーアクセ

アンプジャパン/amp japan:フェザーバングル

マーズアクセ

マーズ/MARS:バングルブレスレット

画像はバングル/ブレスレットですが、ネックレスや指輪等も同様に、シルバーアクセサリーは単品で見ると格好良いですが・・・お洒落なコーディネートとはトータルバランスが重要になります。

お洒落初心者は何も考えずシルバーアクセサリーをファッションに取り入れ格好悪く(ダサく)なることが100%です。

お洒落コーデとしてのシルバーアクセサリーの魅力を引き出すことがまず出来ません。

中級者以上の人には理解できるはずです。

シルバーだけに限らず、アクセサリーは多少強引にファッション(コーディネート)に取り込んでいく勇気も必要なところさえあります。

小さなものですがアクセサリーは洋服以上に目立ち、印象的なものとなります。

しかし・・・やはり強引が許される範囲も中級者以上です。

シルバーアクセサリーをコーディネートに取り入れる難しさを身を持って知ることも大切ですし、難しさが理解出来るようになるのも中級者以上ですから。

そしてシルバーアクセサリーの良し悪しが分かるようになるのも中級者以上です。

スポンサーリンク
PCアドセンス

シルバーアクセサリーの目的はお洒落に見せること

アクセサリーを取り入れることをお洒落初心者にお勧めしません。

まずはアクセサリーなしの状態でお洒落が完成している(周囲からお洒落であると共通認識を持たれている)必要があるからです。

初心者ではないコーデ

アクセサリーを取り入れ始めるファッションスタイル

アクセサリーなしでもお洒落は作ることが出来ますから無理矢理アクセサリーをコーディネートに取り入れる必要もありません。

上記画像のモデルくらいの服装がさらっと出来るようになっている(スタンダードな状態)ならアクセサリーを取り入れ始めても違和感はなくなっています。

あくまでアクセサリーを取り入れ始めても良いというだけであって、アクセサリーへの知識がなければ格好悪く(ダサく)なることも全然あります。

アクセサリーを取り入れることにより逆効果となることさえあるので注意が必要です。

アクセサリーはそれほどまでに難易度の高いファッションアイテムとなります。

つまりスタートラインとして上記画像のモデルのファッションコーディネートができているということが最低条件なのです。

アクセサリーとして腕時計からがおすすめ

初心者におすすめのアクセサリーとしては腕時計からがおすすめです。

腕時計にはアクセサリーとして以外の本来の『時間を知る』という目的があるからです。
目的があることにより服装に馴染みやすく自然に見えるのです。

アクセサリーをファッション(コーディネート)に取り入れるにはアクセサリー自体に意味を持たせることで自然になりやすくなります。

しかし、アクセサリー類には、どうしても本来の意味がぼやけることがほとんどとなり、お洒落をしている、つまり着飾っているという状態になりやすく、格好悪くなりがちです。

(諸説ありますが本来アクセサリーは古くから魔よけのためなどといわれています)

現代において、本来、アクセサリーとは不要なものなのです。

当サイトで言うところの”不自然”な状態となるのです。

お洒落は究極の自然な状態ですから。

そして素材、意味や目的の無さからシルバーアクセサリーはもっとも難易度が高いのです。

スポンサーリンク
PCアドセンス
PCアドセンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加