7分丈パンツをロールアップするとチェック柄やドット柄がダサい

7分丈パンツ、いや7分丈パンツに限らず、パンツの裾をロールアップするとチェック柄やドット柄・・・ダサいです。

お洒落を志したばかりの初心者の多くがやってしまいがちなNGファッションアイテムの一つとなっています。

ロールアップチェック柄

こういうパンツです。

こういったパンツを選んでしまうことそのものがお洒落の意味を履き違えており、基礎が全く出来ていないので、どんなファッションアイテムを選んでも失敗するものです。

あなたが周りからお洒落と言われたい(お洒落になりたい)なら今日から着用するのはやめましょう。

あなたが居ないところで話題に挙がっている恐れがあります・・・。

メンズファッションのお洒落はお洒落をしないことがお洒落なんです。
矛盾していることを言っているようですが、これ本当なんです。

しかしそれが難しい”お洒落をしないお洒落”・・・でマネキン買いって知ってます?

マネキンが着用している洋服を一式買うというちょっと実店舗では恥ずかしい購入方法・・・。

でもネット通販なら誰にも知られない・・・で『女の子が選んだ男性(メンズ)にしてもらいたい、好感度の高い=モテるコーディネート』がWEBショップ【メンズファッションプラス】に存在します。

メンズファッションプラスの公式サイトへ行ってみる

「なるほどな」とちょっと驚きました。

ちょっと周りの友達や知り合いを思い出してみて、格好つけている男性って格好悪かったりしませんか?

つまり、格好良く見せるには格好をつけない、自然を心掛けることなのです。

スポンサーリンク
PCアドセンス

お洒落初心者こそデザインの意味を考える

洋服の素材やデザインの意味を考えることが大切です。

例えば、洋服の重ね着は少し肌寒いから、1枚足そうということです。
デザインとしての重ね着風には意味そのものがなくなっています。

初めからレイヤードデザイン

レイヤードデザインのポロシャツ

つまりデザインとして施されている初めから重ね着風のトップスも格好悪くダサいんです・・・。

わざわざ重ね着をしているように見せる意味が分かりませんからね。

だからパンツをロールアップしてチェック柄やドット柄が現れることに意味が全く見当たりません。

スウェットパンツは動きやすさを追求したスポーツウェアですし、デニムは丈夫な素材を生かして作業着として、トレッキングシューズは山登りをすることを考えて作られた登山靴です。

モノの素材やデザインにはそれぞれ何かのために作られているということを考えることがお洒落を考える上で非常に重要なのです。

ベーシックなデザイン(形)、サイズ感、素材にこだわる

まずはベーシックなデザイン(形)、サイズ感、素材にこだわって洋服を選ぶことがおすすめです。

特にサイズ感へのこだわりはかなり重要です。

ロールアップしてチェック柄やドット柄が現れるようなお洒落を主張したようなデザインのパンツでなくてもお洒落は作ることが出来ます。

ベーシックコーデ1

ベーシックコーデ2

どこでも手に入りそうなトップやパンツですがお洒落は出来上がっていませんか?

メンズファッションのお洒落に派手な主張は必要ありません。

お洒落な人ほど驚くほど普通の格好でありながらお洒落に見えるものなんです。

スポンサーリンク
PCアドセンス
PCアドセンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加